読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐくむ

ちいさな いのちをはぐくむ ちいさな日記です

会いたくなったので…。妊婦健診

予約制の妊婦健診を進めている産婦人科に、予約より2日早くフライングの妊婦健診にいきました。仕事の都合が午前中ぽっかり空いたこともありましたが、なにより前の晩から元気に動く (わたしはねむりたい!) 赤ちゃんにとても会いたくなったのです。

会うと言っても、エコーの白黒画像姿と機械を通した心音なのですが。
それでも、姿を生きてることを確認したくなりました。

期間限定妊娠生活も半分を過ぎました。
つわりも収まり、あれこれの考えも一区切りして(したつもり⁈)、やっと余裕が出てきたのかもしれません。
これからの半分をお腹をはって過ごすための勢いが欲しかったのかもしれません。
只々、寂しい気持ちを紛らわしたかったのかも。

ともかく、会いにいきました。

産婦人科は大賑わい!
妊婦健診の方、付き添うお父さん方、赤ちゃんの健診の方、付き添うおばあちゃんの方、ママの健診に一緒に参加の子供たち。婦人科外来の方、婦人科健診の方。
その間を看護師さんが、助産師さんが縫うようにテキパキ動いていました。

今日は時間がかかるな。

検尿、血圧測定を済ませて待合室のソファーに腰掛けました。
持ってきた本を開いたり、テレビから聞こえる 北斗晶さんの乳がんの話に耳を傾けたり、寄ってくる小さな子供に微笑んでみたり。
あれこれしながら自分の番号が呼ばれることを待ちました。

病院で待つ時間は苦手なのだけど、この日は全く気になりませんでした。
産婦人科にいる人々を観察しながら楽しんで待ちました。

番号が呼ばれて、指定の診察室に入ると、若い助産師さんが迎えてくれました。
「時間があいたけど、大丈夫⁈」
ちょっと友達な感じの言葉使いが気になりましたが、リラックスと親近感を与えてくれていると解釈しました。
腹囲を測って、子宮底を測って、丁寧に今日までの様子を聞いてくれました。
赤ちゃんの心音聴かせて下さいね〜
その一言にわたしもはいはいそうしましょう〜!と心の声で答えました。

助産師さんがここ!と思う場所へ機械を当てるのですが、あれれ?
雑音ばかりで全然聞こえてきません。
こっちかな?ここかな?限られたお腹のスペースをウロウロしますが、いっこうに聴こえません。助産師さん、ちょっとエコーで確認しますね〜。と言って、エコーに切り替えるのですがこれがなかなかお目当てが映らない。
待っている間も胎動を感じていたのですが、ちょっとわたしも不安になってきました。
エコーで姿が映った瞬間、え〜!ここなの〜!っと叫ぶ助産師さん。

そうそう、わたしのお腹の小さな命はちょっと上の方にいるのです。
それは、今までの経験からわたしも、ここがいいの?と突っ込みたくなるポジションです。
筋腫のせいで居心地がイマイチなのかもしれませんが、週数からするとずいぶん上の方におります。おへその横あたりが頭です。

若い助産師さんはマニュアル通りの位置を探していたのですが、予想外のところにいたのでちょっと驚いていました。
でもね、お腹をよ〜くみて、少しさわってみるとそんなことすぐにわかるのよ。
見てるようでみてないな〜〜と思ってしまいました。

その後よし!わかった!と再び機械を当てるのですが…。
これ以上不安になりたくなかったので、思わず助産師さんの手をとって、ここじゃない⁈っと誘導したところビンゴ!
元気な心音がここだよーっと唄っていました。

わたしも助産師さんもホッと一息。

あーよかった!元気です。
って、金属探知機じゃないんだから頼むよね〜。若き助産師さん!
経験って大事ね。

その後はベテラン助産師さんにバトンタッチして、大きさやへその緒、心臓や骨を丁寧に説明してくれました。
ちょっと照れくさそうに、グニャくるんっとよく動く赤ちゃん。
立派に人間らしくなっております。
何度見てもほーっと感心させられます。
ずーっと見ていたいと思ってしまいます。

一先ず安心して終了。次は医師の診察です。

待っても、待ってもなかなか呼ばれない。
お腹も空いてきて、眠くなってしまいました。
それでも、1ヶ月健診の赤ちゃんたちに癒され、泣く我が子を懸命にあやす新米ママの初々しい姿にエールを送りながら、自分が初めてママになった18年前を思い出し過ごしました。

そして、時が経ってもはぐくむことができている今に、そのチャンスをくれたパートナーに、わたしを選んでくれたお腹の子に、神様に、心から感謝しました。

ありがとう。

おなかをさすりながら、あたたかいベールに包まれて心地よい時間が過ぎました。
赤ちゃんの力、いのちの力ってすごい。



そんなこんなで番号を呼ばれ、先生の診察。

先生は先ず、赤ちゃんより筋腫をエコーでとらえて、大きさをはかり、うーんっと一言。
無理しちゃダメよ!と釘を刺されました。
そして、赤ちゃんへ。元気だね!と一言。
思い切って、どちらか分かりますか?と聞いてみました。
初めてのことでした。
今までは、産まれてくるまで性別を聞きませんでしたが、なんだか聞いてみたくなりました。
えーとっといいながら動かす先生の手。
さすがです!ぴったりとらえてくれました。誰が見てもはっきり分かる画像を!

今日はおなかの上をスイスイ、ぐるぐると動き回ってたっぷり赤ちゃんに会えました。
はぐくむ元気と勇気をもらいました。

半日たっぷりかかったけど、いい健診日。
空のうろこ雲が高くまぶしかった。

この空を親子で見上げる日が来てほしいと願いました。