読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐくむ

ちいさな いのちをはぐくむ ちいさな日記です

期間限定

久しぶりの更新となりました。

 

気がつけば新年を迎えております。

昨年の秋から土日もたっぷりのスケジュールで、ややオーバーワーク気味でした。

それが原因なのか、妊娠後期にきての貧血が原因なのかわかりませんが、年末年始のお休みに入ると体調がガタガタ悪くなり、横になっていることが多い日々でした。

今まで感じた事のなかった、動悸や息切れがして年齢を感じると同時に、「頑張る」という言葉を一旦自分から剥がす作業をして過ごしました。

 

それがよかったのか、ゆっくりのんびり過ごすことがいつの間にか下手になってしまったのか?

仕事が始まるとすっかり元気になってしまいました。

ありがたいことに、小さな命は無事にすくすく育っており、順調に33週を迎えております。

おなかがとても大きくなったようで、先日はコンビニの店員さんに「双子ですか?」と聞かれてしまいました。

わたしのおなかは過去5回の経験を積んでいますので、ずいぶん伸縮性に富んでおります。助産師さんも子宮底を2度測ってしまうほどです。笑

職業柄、日頃から身体を動かしているのでやや細身でもありますから、おなかだけが目立ってしまうのかもしれません。

よく、前にせり出すと男の子。と言われますが、確かに今のわたしのおなかは前にとんがっております。

先日、通りすがりの男性に「もう直ぐですか?」と聞かれたので、「ハイ」と答えたら、自信たっぷりに「男の子ですよね」と言われ驚きました。

「どうしてわかるのですか?」と今度はこちらが尋ねると、3人の男の子のパパさんで奥様が妊娠されてた時の感じとそっくりだったようです。

おなかの形で性別がわかる。案外当たっているのかもしれませんね〜!

 

そんなこんなで、出産も近づいてまいりました。

赤ちゃんも最近は、狭そうにごにょごにょと動き回りやや痛いぐらいの胎動を感じています。

ギリギリまで仕事を続けるつもりですので、毎朝、おなかに「今日もよろしくね」と声をかけるのがすっかり日常になりました。

期間限定の妊娠生活。

小さな命をおなかではぐくむ時間も残りわずか。今しか感じられないことを、今だから感じることを残しておこうと思います。