読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐくむ

ちいさな いのちをはぐくむ ちいさな日記です

おかげさまで。

舞台や芸術にかかわるお仕事をさせていただいています。

 

昨日はお仕事で30人ほどの子供達と触れ合う時間がありました。

発熱と吐き気で体調が悪く、1時間遅れの楽屋となっている稽古場入り。

全くこんなこと初めてです。

外は冷たい雨でどんよりムード。わたしの身も心もたっぷりどんよりに浸ってしまっていました。

今回は絵や書道、音楽など様々なアートの集まりの中で子供達とのダンスワークショップ。その後の短い作品に携わりました。

床に毛布を敷いて横になる場所を確保し、お弁当にも手をつけられず、うーっとうなりながら時間まで過ごしていました。

スタッフへの挨拶、段取りの確認、などなど済ませなければならないことをしようと立ち上がると、メンバーがこれとこれは済んでます。と報告してくれました。

 

なんと!

ありがたい。もう、やることはないんじゃないかと思いながら、椅子に腰掛けておりました。

オープニングは書道家さんの書き初めパフォーマンスで幕開けでした。

この方はお身体がご自分の意志で自由に動かすことができず、3人のサポートする方に支えてもらいながらお書きになります。

書きたい!と表現する人と書かせたい!と表現する人との息のあったダイナミックな書。

飛ぶ   とお書きになりました。

今年はぶっ飛びたい!とのこと。

1人でできないことも誰かに助けてもらうことで実現する。

そこには決して恥ずかしいとかネガティヴな要素はひとつもなく、信頼や尊敬が輝いていました。

わたしは自分がやらなきゃ!と意気込んでしまう、頑張ってしまう意地っ張りの捻くれ者なので、支えて合う、頼り合うことへの許しをもらった感じがしました。

 

妊娠や出産、その後の子育ても1人では出来ないのです。

誰かと触れ合うことで、誰かに頼ることですくすくはぐくんでいける。

 

おかげさま。

という日本語があります。神様や他人から受ける恩恵の意味「お 陰」に「様」をつけた言葉です。

20代の子育ては、自分が頑張っている感をたっぷりおもてにだしていた気がします。

30代では少し力が抜けて、いい加減がわかりつつありました。

40代での子育てのチャンスをいただいて、もっと頼って、もっと甘えて、もっと支えてもらおうと 「飛ぶ 」の書を見ながら思いました。

 

あなたのおかげさまで。とたくさん言えるような子育てをしたいと思います。

そして、わたしも誰かに、あなたのおかげさまで。と言ってもらえることができたらいいです。

 

長い1日を終えて、劇場を後にする頃もまだ、冷たい雨は降り続いていました。

頬にあたる空気は朝とは違う、凛とした空気に変わっていました。