読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐくむ

ちいさな いのちをはぐくむ ちいさな日記です

おへその下から恥骨に向けて身体の真ん中をはしるキズは今日もチクリと痛む。

雨の日や少し寒くなってくると無意識に撫でていることもある。

 

あの日が幻ではなく本当にあった優しい時間だった証。

 

 

私の幼い身体はあの時激しく抵抗した。

首の筋肉がもうこれ以上力が入らないくらいに顔を背けたし、覆いかぶさる大きな怪物を1ミリでも遠ざけられるのなら腕の骨が折れたって構わないと思っていた。

しかし、そんなことは文字通り無駄な抵抗でしかなかった。

実際は恐怖でなにもできなかったのかもしれない。声を上げることも手足をバタつかせることもできないまま、心を捨ててなにも感じていなかったのかもしれない。

死んでいよう  

そう思っていた。

 

 

あの日以来わたしは男のひとの手におびえていた。

触れられることに過敏になっていたし、初めましての挨拶の時にはその人の手をチェックすることが度々あった。

あの、欲望だけの悍ましい手に似ていないかどうか。

 

どんな手に包まれてもわたしの心がとけることはなかった。

あたたかさは優しさは感じることがあったけど、わたしの身体の中に入ることは許しても、本当のわたしの中にはどの手も触れさせなかった。

固く閉ざした扉を開ける鍵を持つ手には出会っていなかった。

 あの日の彼に包まれるまでは。

 

 

壮大な景色を眺めさせてくれて、優しく勇敢なでもどこか寂しさを感じるその言葉にいつの間にか涙が流れていた。

知らない土地をさまよい歩いてふっと探していたひとを見つけたような不思議な感覚だった。

探していたことは自分でも気づいていなかったのだが、連なる文字を綴られる言葉を見て、わたしは探していたことに気づかされた。

今思えば、その美しい言葉を打ち出す彼の手を探していたのかもしれない。

 

文字だけのやり取りはとても穏やかで楽しかった。

わたしは彼の打つ言葉に励まされ癒されていた。わたしも彼をできるだけ楽しませたいっと文字を連ねていた。実際には彼の邪魔をしていたのかもしれないけど、わたしは彼の言葉が大好きだ。

いつしか寛大な包容力のある大きなあたたかい手を想像して、いつかその手に触れたい、触れて欲しいと幻想を抱くようになっていた。

見たことも触れたこともない手が生み出す創造に尊敬と信頼を寄せるようになり、迷惑をよそにこれまで閉じ込めていたわたしの感覚を拙い言葉に置き換えてはおくりつけ、返してくれる優しさにすっかり甘える日々が続いた。

 

 

わたしの心を包んでくれた優しい時間は、脅えていた幼いわたしを心地よく葬ってくれた。

わたしの中の恐怖や寂しさを、今までずっと閉ざしていた言葉と創造をそっと引き出してくれ、空いたところに希望を静かに残しておいてくれた。

はじめて幸せなひと時に心を解き放つことができた。

 

 

わたしの真ん中にあるキズと無邪気に微笑む希望は、わたしも心を抱いてもらえた証