はぐくむ

ちいさな いのちをはぐくむ ちいさな日記です

誕生! 1幕

あれよあれよと入院して、いわれるがままモニターをつけて観察すること1時間。
外で診ていただいたU先生がいらして
「担当させていただきます。Uと申します。今の状況と今後のことを説明しますね。」
とても渋くていいお声でお話ししてくださいました。

このU先生、ロマンスグレーの短髪にやや角ばった輪郭。恵比寿様のようなふくよかな耳。
安心感を全身から発していらっしゃいます。

落ち着いた声色でモニターから読み取れる赤ちゃんの様子。
私の筋腫を含めての身体の様子
これからのこと。
淡々と、冷た過ぎず緩すぎず。短く的確に分かりやすく。
素晴らしい説明でした。そして、これから出産することへの覚悟へわたしを優しく導いてくれました。

2日後。帝王切開にて。
はぐくんできた、小さな命に出会います。

……………………………………………………………………



と。そんなこんなの穏やか覚悟劇で、家族も家路に着きました。
わたしも、モニターからの小さな心音を心地よく耳にし、もう直ぐ出会うこのハーモニーを奏でる主を想像しながら、一人ベッドの上で心静かな夜を迎えておりました。


遠くからパタパタと廊下をかける音。慣れない夜の病院で聴覚は鋭くなっていました。
この街で深夜働く医療従事者の方々を思いながら、大変なお仕事だなぁと呑気に思っていると、その足音はわたしの部屋の前でピタッと止まり。。。。

今から手術になりましたよ。準備しましょうね〜。

事態は急展開! 予定誕生日は繰り上げ!

えーーーーー?今から?
思わず、マジ?っと普段使わない言葉がわたしの口から飛び出て、助産師さんもマジ!っと合わせて返し、にっこり。
わたしもにっこり。ほっこり………してる場合じゃありません。
えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

驚きを消化しないまま、驚いたまま、わたしは看護師さんの指示通り着替えたり、処置されたり。
慌ただしく働く看護師、助産師さんの間からU先生登場。
「赤ちゃん苦しそうだから、もう、出してあげましょう。今なら元気だから!頑張りましょ!」と勢いよく声をかけて、颯爽と去って行きました。オペ室に。
間髪入れずに麻酔科の先生。
明らかにわたしのために起こされてきたご様子。少しワイルドなヘアースタイルのまま。
「麻酔科の〇〇です。お部屋準備して待ってますからね。」とふにゃふにゃの声で挨拶して去って行きました。オペ室に。

それから看護師、助産師さんの動きはみるみる加速していきました。
BGMはドリフの8時だよ全員集合!で流れる、場面転換の曲!
そう!あれ、あれ。
チャチャチャ    ちゃっちゃらチャッチャ     ちゃっちゃらチャッチャ     チャチャちゃーん  ♬
チャチャチャ     ちゃっちゃらチャッチャ    ちゃっちゃらチャッチャ     チャチャちゃーん ♬

わたしは一切をプロフェッショナルのお仕事に委ねて、寝静まった家族に電話をかけ続けました。
携帯の着信がしつこいぞ!っと勝手に切れるまで鳴らし続けて3回目。6回目。
だーれも出ません。

つづく