読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐくむ

ちいさな いのちをはぐくむ ちいさな日記です

夜泣きな夜

満月の月明かりが窓の外を静寂で包み込み、草の葉に残された夜露は光る結晶へと姿をかえる時間。

 

何の予定も約束もしていないのに彼は突然現れる。

はじめは彼の訪問に驚きうろたえたのだが、最近はまたきた。やれやれとゆっくり構えられるようになった。

  彼とたっぷり過ごせるようにヒーターもタイマーにして待ち構えるほどだ。

そして、タイマー通りにやってくるとしめしめ。

枕元に置いてあるモコモコのカーディガンを羽織ってわざとのんびり起き上がる。

びっくりして飛び起きるなんてしてはならない。

だいたい、ポカポカのお布団から寒空の下に急に飛び出すなんて、血圧がどうにかなって体に悪そうだから。

それに、毎晩あなたを待ってる感は今は出したくない。なんだか負けちゃう気がする、来なくても平気だけど、今日もきたのね。ぐらいの余裕を見せておきたい。

 すでに布団の上に座り込み目から大粒の夜露を落としながら、この世の終わりのような声で叫び抱かれるのを待っている。

一体何が彼をここまで絶望させるのか?

中原中也の詩を思い出すほどである。

皆目見当がつかないまま、私は彼を抱き上げキルティングで丁寧に作られたベストを着せて、そろそろ暖まったであろうお部屋へと誘う。

目線の変化に一瞬戸惑うのか、それともただの小休止か?

ほんの少し目を開いてキョトンとした表情を見せる。

これは彼の得意の手法で、一瞬の安堵感を挟み第2ステージをさらに盛り上げる技なのだ。はじめはそれに翻弄されてしまっていたが、今では分かっているのよ感をタップリ出しながら、わざとのってあげている。  はず。

案の定しばらくすると第2ステージはさらに盛り上がり、抱きしめても揺らしても好物をちらつかせてもどうにもならない。

ああ…。どうしたの?

聞いても返ってくるはずのない問いかけを何度もしてみる。

 

先日出会ったお父さんは、夜の彼女を「窓から投げたくなる」と言っていた。

こんなに愛しているのに、こんなに可愛いのに。と。

もちろん、そんなことはしないのだが、気持ちはよーくわかる。だいたい、こっちは昼間も闘っているのだ。今晩寝ずに付き合った分を昼間に回すなんてことは出来ないのだ。君は今するべきことを明日の昼間にしても誰も咎めないだろう。

かわいいかわいいといわれ、寝る子は育つ!なんて究極の肯定言葉をかけられるのだ。

そんなことはお構いなく、ありったけの声で叫び続ける。夜露は滝のようになりその下の2つの洞窟からも流れ出る。

吸水性のよいタオルが大活躍している。

 

ええ。ええ。どうぞ、お気の済むままお泣きなさい。

理由はもう聴きません。

あなたにものっぴきならぬご事情がおありなのでしょうから。

今晩もとことんお付き合いいたします。どうぞどうぞ。

 

地平線のずっとずっと下に太陽が待ち構えているのを感じる時間

疲れ果てたのか、もう十分満足しているのか、夜の彼はスヤスヤと満天の星空に帰っていく。

遠くから 「わたしの中でお眠りな〜さ〜い」とジュディ オングさんが白い羽をヒラヒラさせて歌う声が聴こえる気がする。

 

真夜中 一緒にいないお父さんに  只今絶賛夜泣き中!とイタズラメールを送って。

 

また明日。